雑学

雑学

顔のたるみの原因
The Internet Encyclopedia for Use
雑学


顔のたるみを作る元となっているものには、肌が乾燥することや、皮下脂肪が減少することなどがあります。

肌の乾燥は、顔のたるみを作ることにつながり、老化を早める原因にもなります。

健康的な肌を維持するために欠かせないエラスチンやコラーゲンは、繊維芽細胞という皮膚細胞が生産しています。

皮膚が乾燥してしまうと、この繊維芽細胞がうまく活動しなくなってしまいます。

美肌を作り出すために必要なエラスチンやコラーゲンが不足することは、肌がハリを失い、顔にたるみを作ってしまうことになるのです。

顔の皮下脂肪が減少することも、顔にたるみを作ってしまう元になります。

体の中には皮下脂肪組織の働きが弱くなる部分があり、特に目のまわりは組織の働きが変化しやすい部分です。

皮下脂肪組織の働きは、年を取るとともに弱くなるので、目元のしわが深くなったり、目がくぼんだりします。

顔のたるみが気になるようになるのはこのためです。

加齢はどうすることもできませんが、乾燥しないように日ごろから対策を考えることは可能です。

美容用品などを使って顔のたるみを解消しようとしても、肌が乾燥していては、せっかくのコラーゲンも力を発揮できず、たるみを取ることができません。

日常のケアを怠らず、乾燥対策をすることがまず大切です。

お風呂上りなどもすぐに充分な保湿をするなどして、しっかりと肌の乾燥を防ぐようにすれば、顔のたるみもきっと解消できるでしょう。


雑学
Go to 雑学
雑学
Copyright (C) yasui-otoku.info, All Rights Reserved.