雑学

雑学

顔がたるみやすい人の特徴
The Internet Encyclopedia for Use
雑学


顔がたるみやすい人には特徴があります。ここではそういった点について考えて見ましょう。

内臓は血流の半分を作り出していますが、そのため内臓が弱いと血流が悪くなり、それが顔のたるみを作ります。

したがって、内臓が弱いと顔のたるみにつながるのです。

内臓には、食べ物の栄養素を吸収する機能がありますが、胃腸が弱いと栄養を吸収できず、結果として栄養状態が悪くなります。

栄養状態が悪くなると、筋肉が衰えはじめ、顔のたるみにつながります。

内臓が弱い場合は、食事の際によく噛むようにすると、消化がよくなります。

すると、内臓に負担がかかることがなくなり、また筋肉が使われるので、顔のたるみ解消に効果的です。

血行が悪い人や、冷え性の人にも、顔がたるみやすい人が多くいます。

なぜなら、血行が悪いと血流が悪くなり、栄養が充分に運ばれないことにつながるからです。

すると、栄養状態が悪くなるため、筋肉が衰え、顔にたるみができます。

冷え性や血行の悪さを解消するには、できるだけ体を温めて冷やさないようにし、適度な運動を行うのが良いでしょう。

運動不足だったり、同じ姿勢で長く仕事をする人も、顔にたるみができやすくなります。

なぜなら、体をあまり動かさないことで血行が悪くなり、筋肉が衰えるからです。

顔にあまり表情がない人も、顔がたるみやすくなります。

このような場合には、顔の下から半分を動かすようにすると良いでしょう。

無表情でいると口角が下がりやすくなりますが、これは自然の重力により、顔の皮膚がたるんでいるだけです。

そこで、えびちゃんのように、意識的に口角をあげることで、顔のたるみが少し解消され、何よりも笑顔が美しくなります。


雑学
Go to 雑学
雑学
Copyright (C) yasui-otoku.info, All Rights Reserved.