雑学

雑学

ホクロのレーザー治療
The Internet Encyclopedia for Use
雑学


ホクロをレーザー治療で取るというのはよく聞く話です。

レーザー治療とは、ホクロを取り除くときに、人口的に作り出した強い光をホクロにあてておこなうものです。

ホクロの細胞の中にある水分と反応して、蒸発を起こすというのがレーザー治療の原理です。

このように水分に反応するレーザーは、炭素ガスレーザーというものです。

この他に、さらに黒い色素だけに反応するレーザーと組み合わせることで、ホクロを除去します。

そしてもうひとつ、高周波発生装置というものもよく用いられます。

電気メスを使い、電流により発生した熱を利用してホクロそのものを蒸発させるのがこの方法の特徴です。

傷の治りが早く、出血が無いのが長所です。

どの方法でも局所麻酔をしてくれるので、痛いということはありせん。

レーザー治療が最も有効なのは、直径5ミリ以下の平らなホクロの場合です。

顔にたくさん小さなホクロがある場合は、短時間で済むのでおすすめできます。

ホクロのレーザー治療の仕上がりについては、直径3ミリくらいまでならキレイに取れ、5〜6ミリのものでも、一度の治療で半年後には目立たなくなります。

レーザー治療をした後は、1週間ほどでかさぶたが取れてきます。

そして、3ヶ月後には赤みや腫れがひいてきます。

さらに1年ぐらいすると、近くで見てもわからないほどキレイな状態になるでしょう。

1度のレーザー治療で完全にホクロを取り除けるのは5ミリ程度のホクロまでで、治療後は目立たなくなります。

けれども、ホクロが深いと、何度か治療を繰り返さなければならないようです。


雑学
Go to 雑学
雑学
Copyright (C) yasui-otoku.info, All Rights Reserved.