雑学

雑学

セルライトとは
The Internet Encyclopedia for Use
雑学


最近、テレビなどでよく耳にするようになった言葉に、セルライトというものがあります。

ではセルライトとは、いったいどういうものなのでしょうか?

簡単に言うと、セルライトとは、

「脂肪のかたまり」

という意味です。

血行が悪くなると、皮膚の下の脂肪細胞の代謝が衰えて、脂肪細胞が肥大化します。

この脂肪細胞が、老廃物と絡み合っていきます。

それが、セルライトに変化してしまうのです。

セルライトができると、脂肪部分に厚みができて、肌の表面がデコボコになります。

「オレンジピールスキン」と呼ばれる、肌の表面がオレンジの皮のように見えるぐらいに、症状が悪化することがあります。

ただし、肌の表面がデコボコしてくるのは、セルライトの症状が悪化してきてからです。

実際には、見た目には分からないうちに、セルライトが生成されていることがあります。

セルライトには、きちんとした除去の対策が必要です。

なぜなら、通常のダイエットだけでは解消できないからです。

身体の中でも、特に皮下脂肪の多い太ももやふくらはぎ、お尻などの部分にできやすいのが特徴です。

また、セルライトは女性に多く見られ、8割の女性はセルライトがあるといわれています。

他にも、お腹や、最近では、顔にできるセルライトが話題になっています。

セルライトは、血行が悪くなると発生しやすいので、運動不足になりがちな成人女性に多く見られます。

日頃から運動不足にならないように心がけましょう。


雑学
Go to 雑学
雑学
Copyright (C) yasui-otoku.info, All Rights Reserved.