雑学

雑学

シミの種類
The Internet Encyclopedia for Use
雑学


今まできれいだった肌に突然できるシミは嫌ですね。

気がつかないうちにできているので、ショックを受けてもおかしくありません。

では、シミとはいったいどういうものなのでしょうか?

シミというのは、紫外線が原因で色素沈着がおこり、皮膚の表面が茶色や褐色色に変化してしまう状態のことをいいます。

主に紫外線によって、メラニン色素が増大し、それがシミを引き起こす原因となります。

また、シミというものは、表面に現れなくても皮膚の下で育ち、時間の経過や加齢とともにシミとして現れてくるものもあるので油断できません。

シミと一口にいっても、様々な種類があります。

まず、炎症性色素沈着というシミですが、これは炎症をともなったにきびや、やけど、かぶれなどが引き金となって起こるものです。

比較的レーザーなどによって治療しやすいシミが、この炎症性色素沈着です。

また、老人性色素斑というものもあります。

これは老化現象の一種で、主に30〜40代の人に多く見られる傾向があります。

これは、紫外線を浴び続けてしまったことで生じるシミです。

比較的若い頃から日焼けなどをしていた人に多く見られます。

老人性色素斑は、紫外線を受けやすい手や顔、腕、すねなどにできやすく、シミの大きさは様々で、個人差があります。

他には、脂漏性角化症というものもあります。

これは、老人斑にしこりのような良性の腫瘍ができてしまうことによって生じるシミのことで、中高年以上の人によく見られます。

この場合も老人性色素斑と同じく、長期間紫外線を浴び続けてしまったことが原因です。

以上のように、シミにはいろいろな種類がありますので、シミの種類や特徴に合った治療および対策を行うことが大切です。


雑学
Go to 雑学
雑学
Copyright (C) yasui-otoku.info, All Rights Reserved.