雑学

雑学

セルライトができる原因
The Internet Encyclopedia for Use
雑学


運動不足、加齢、むくみ、冷え性など、セルライトの原因としてあげられるものは、たくさんあります。

身体の血行が悪くなることによって、セルライトは生成されます。

運動不足や加齢は、血行が悪くなる原因になります。

また、むくみや冷えも、血行が悪くなる原因です。

下半身の血行が悪いと、太ももやお尻などにセルライトができやすくなります。

セルライトの生成においては、脂肪細胞との関わりが重要だそうです。

脂肪細胞とは、体内で、脂肪の合成、分解、蓄積を行う細胞のことです。

脂肪細胞の脂肪蓄積量が増加すると、体脂肪率が上がっていきます。

そして、それが肥満の原因となります。

脂肪細胞は、いったん個数が増えると、その後なくならないのが非常にやっかいな点です。

ダイエットをして、やせたように見えても、脂肪細胞の個数は減りません。

したがって、セルライトの解消は、一度やったら十分というわけではありません。

また、脂肪細胞は、若い年齢の時だけでなく、ある程度の年齢になっても増殖するため、大人の女性は、運動不足になりがちなことから、セルライトができやすい傾向にあります。

以上のような原因をふまえた上で、セルライトの解消をしていく必要があります。


雑学
Go to 雑学
雑学
Copyright (C) yasui-otoku.info, All Rights Reserved.