雑学

雑学

クレンジングオイルの界面活性剤
The Internet Encyclopedia for Use
雑学


界面活性剤というと、肌に悪いという印象をもたれがちですが、クレンジングオイルにも含まれるように、油分と水分を混ざりやすくし、お化粧落しには、なくてはならない成分です。

このような界面活性剤の働きがなければ、油性の汚れを落とすことはできません。

界面とは、異質物質同士が接触した面のことで、例えば、水と油の境目のことです。

クレンジングオイルは油を落とす力が非常に強いので、使いすぎると肌にとって必要な油分までも落としてしまう場合があります。

一方、石鹸は界面活性剤を含まないため、クレンジングオイルほどの効果がありません。

クレンジングオイルを選ぶ際は、質の良い界面活性剤が入ったものを選びます。

もし質の悪いものを使ってしまうと、湿疹など肌のトラブルにつながる場合があるので注意しましょう。

洗顔後にぬるぬるした感じが残ったりしたら、それは界面活性剤が残っている証拠ですから、しっかり洗い落としましょう。

科学的に合成された界面活性剤というのもあり、これを合成界面活性剤といいますが、肌の表面を壊してしまうという悪影響が報告されています。

これは恐ろしいことに、私たちの身近にあるものなのですが、大気汚染を起こす原因にもなっていて、大変大きな問題となっています。

クレンジングオイルを購入する際には、こういった点も頭に入れて、成分表示をしっかり調べておきましょう。

市販品の中には、界面活性剤を使用していないクレンジングオイルもありますので、お肌の弱い方はそちらを選ぶと良いでしょう。


雑学
Go to 雑学
雑学
Copyright (C) yasui-otoku.info, All Rights Reserved.