雑学

雑学

ヒアルロン酸の働き
The Internet Encyclopedia for Use
雑学


ヒアルロン酸が持つ主な働きとしてまず挙げられるのが、保水力です。

この力は、生体機能の維持という点で大きな働きをするもので、生命を維持することにつながるものです。

ヒアルロン酸の細かい働きをみると、細胞の構成はもちろんのこと、その細胞を固定して形状を保持する働きや、細胞間の情報交換、および細胞間での水分調節や保水作用といった働きをします。

また、老廃物の除去、関節などの潤滑作用、眼球の透明性の維持、眼球の形状維持、細菌からの感染防止、血管の機能など、多くの役割を、ヒアルロン酸は果たしています。

ヒアルロン酸の働きには、他にも細胞の損傷や、炎症が起きた場合などに、それを修復し、治癒していくものがあります。

そのため、ヒアルロン酸をたっぷり含んだ皮膚は、保水力が働いて、表面が潤いを保ち、弾力もあって、乾燥したりしわやたるみができることがありません。

また、関節液や関節軟骨にヒアルロン酸が多く存在していると、潤滑作用が働いて、骨の摩擦を防ぎながら関節の動きをスムーズにしてくれます。

さらに、目の硝子体にも含まれているヒアルロン酸は、形状を正常に保つと同時に、透明性を維持するという働きもしています。

このような数々の働きをするヒアルロン酸ですが、不足すると重大な病気につながると考えられています。

しかしながら、ヒアルロン酸がしっかりと力を発揮していれば、目は美しく、肌はつやつやで潤い、万全な体調でいることができます。

ヒアルロン酸は、多くの働きをしながら常に私たちの体を守ってくれています。大切なヒアルロン酸が不足しないよう、日頃から気をつけるようにすれば、ずっと健康を保つことができます。


雑学
Go to 雑学
雑学
Copyright (C) yasui-otoku.info, All Rights Reserved.