雑学

雑学

イチョウ葉エキスの成分と働き
The Internet Encyclopedia for Use
雑学


イチョウ葉エキスに含まれるフラボノイドには、抗酸化作用があります。

この抗酸化作用が注目されていますが、注目されるだけの十分な理由があります。

活性酸素は体の内側を守るために作られますが、ストレスにさらされたり、ウイルスに侵されたりすると、極端に増加する性質があります。

活性酸素が増えすぎると、細胞が破壊され、動脈硬化などの生活習慣病を招いてしまいます。

ところが、フラボノイドは、増えすぎた活性酸素を抑えるわけです。

すると、血管が修復、強化され、弾力性も増し、血液の流れが促進され、血液循環機能が改善されます。

そうすると、様々な症状が治癒されていきます。

また、イチョウ葉エキスの成分には、ビロバライドという脳機能改善作用を持つものがあります。

この作用によって、集中力や記憶力が向上します。

他にもイチョウ葉エキスの中にはギンコライドという血栓を防止する働きをするものがあり、これはアレルギーの改善に役立つ抗炎症作用の働きも持ち合わせています。

さらに、フラボノイドの一種のカテキンも、イチョウ葉エキスに含まれており、酸化作用の働きをします。

この成分によって、血圧の上昇が抑えられ、血糖値や血中コレステロールが調節されるので、老化の予防に役に立ちますし、加えて抗菌作用も併せ持っています。

このようにさまざまないくつもの働きをする成分を持ち合わせたイチョウ葉エキスは、私たちの体を守るためにとても役に立つ素晴らしいものです。


雑学
Go to 雑学
雑学
Copyright (C) yasui-otoku.info, All Rights Reserved.