雑学

雑学

初心者の資産運用にFXを
The Internet Encyclopedia for Use
雑学


FX(外国為替証拠金取引)は、今では多くの人にとって貴重な資産運用のためのツールです。

FXは、2国間の通貨を取引して利益を狙う投資法のことを指し、一定の金額を取引業者に入金し、業者を介して取引の注文を出すこととなっています。

日本では平均寿命が伸びているため、老後などの将来設計に不安を感じている方が多いようです。

定年で仕事を終えた後に生活に困らないよう、またある一定の水準を満足するような豊かな老後を送れるよう、資産を事前に築いておきたいという考えは、誰もが理解できるところです。

定期預金だと年利が少なく、あまりアテにはできません。

できれば銀行預金よりも、もっと殖やしたい!そんな願いが、世の中には溢れています。

そのような長期的な資産運用においても、FXは力を発揮します。

自分でリスクのコントロールができるという意味では、投資信託よりも良い資産運用の手段と言えます。また、投資信託に比べると、手数料がはるかに少ないのも魅力です。

また、FXにはスワップポイントがつく仕組みがあります。具体的には、低金利の通貨を売って高金利の通貨を買った場合に、その金利の差額分の収入が発生することになります。

日々着実に貯まっていくスワップポイントは、長期の投資において非常に重要な意味を持ちます。

場合によっては、為替差益よりも多くの利益をスワップポイントから得られる場合があります。

また、証拠金額が少なくても、それを元手に多額の取引ができます。

これをレバレッジと言いますが、この場合はスワップポイント狙いよりも、むしろ短期の為替差益狙いが向いています。

このような為替差益狙いは、通常、投資ではなく、投機と呼ばれます。

FXの利点を最大限に活かすなら、レバレッジをある程度抑えて、スワップポイントと為替差益の両方を狙う資産運用法を用いるのが最も効果的です。

やり方次第で、初心者でも、毎日平均一万円以上の収入が得られる状態を構築することが可能になります。


雑学
Go to 雑学
雑学
Copyright (C) yasui-otoku.info, All Rights Reserved.