雑学

雑学

カードキャッシング返済時の注意点
The Internet Encyclopedia for Use
雑学


一般に、返済は比較的長期に渡って続きます。

何事もない平穏な時期はともかく、返済に支障をきたすほどのトラブルや、突然の何らかの出費が発生することが、ないとは言えません。

この場合、返済計画そのものには問題がない、という点に注目してください。そのような場合でも、トラブルがあれば、資金繰りに問題が生じることがあるのです。

とても平易な例を言えば、結婚式などの何らかの付き合いで、どうしても避けられない出費が発生することで、一時的にでも資金が多少なりとも不足することはあるでしょう。

また、さらに重大な事態をともなうような例が、世の中には様々にあります。

異なるキャッシング会社から融資を受けて、その資金を返済に当てるという方法が、最も簡単に見えるかもしれません。

しかし、実質的には借り先が変わるだけです。

何の問題解決にもなっていません。

しかも、複数のキャッシング会社を利用すると、各個別の元本に対して利息がつくため、返済がより苦しくなります。

そういったことは、できるだけ避けるようにしてください。

その場しのぎに、利息だけはなんとか支払うという人はもちろんいます。

この場合は、借りたお金の返済にはなりませんが、他からさらに借りるよりは良いことです。

カードキャッシング会社は、返済日が過ぎても入金されない場合は、会社や自宅に催促の電話をかけます。

この時、一般に会社名は出さないので、電話がきっかけでキャッシングの利用がばれるということはありません。

とはいえ、催促の電話を受けるというのは良いことではないので、電話がかからないように、事前に連絡をしておきましょう。

返済日までに金銭が用意できない人も、前もって連絡をしましょう。

もし返済期限から約3ヶ月、あるいは60日を過ぎると、延滞という記録が信用情報機関CICによって記録されます。

この情報は事故情報といい、手続きを取るだけで、5年間は保存された記録を閲覧できます。

延滞記録がついた人は、ローンやクレジットカード、消費者金融の審査がうまくいかなります。

お金を借りた以上は、一刻も早く完済したい!という気持ちを持つようにしてください。

それが、社会的責任というものなのです。


雑学
Go to 雑学
雑学
Copyright (C) yasui-otoku.info, All Rights Reserved.