雑学

雑学

銀行系キャッシングの特徴
The Internet Encyclopedia for Use
雑学


銀行系キャッシングとは、大手銀行や地方銀行を基盤に作られた消費者金融のことです。

銀行系キャッシングには、銀行が持つブランドイメージがあるので、人々は足を向けやすく、警戒心が強い人でも割と安心して借りることができます。

もともと銀行は個人向けのキャッシングを行っておらず、銀行で個人がお金を借りることはできませんでした。

けれども、大手銀行や地方都市銀行は、収益を改善する必要があり、その手段として個人向けキャッシングの市場に参入しました。

彼らの戦略は、銀行という安心感を武器に、安全な利用を人々に宣伝することで、利用者数を増やすことにあります。

もちろん、銀行は個人向けキャッシングのノウハウは築いていませんでした。

したがって、銀行単独での参入ができず、消費者金融専業の会社と提携することで新しい会社を作って、キャッシングサービス市場へと参入を果たしました。

銀行系キャッシングの強みは、平均実質年率が他のキャッシングサービスに比較して低金利であることです。

しかし、審査に時間がかかるので、すぐに利用したい人には向いていません。

タイムリーな借り入れが難しいと言っても、銀行系キャッシングのもう一つの強みとして、多額の借り入れが可能な点があります。

したがって、まとまったお金を借りて、じっくり返済していく方には適しています。

しかも、返済時の金利は月割で、決まった返済日に銀行口座から自動的に引き落とされるシステムなので大変便利です。


雑学
Go to 雑学
雑学
Copyright (C) yasui-otoku.info, All Rights Reserved.