雑学

雑学

営業アシスタントの仕事
The Internet Encyclopedia for Use
雑学


営業というのは、会社の対外交渉全般を担当する部署です。

ですから、彼らは注文の受注や客先との使用交渉、契約書や見積書の提出、納品などの仕事を行っています。

営業アシスタントは、これらの膨大な仕事量の一部を肩代わりすることで、営業担当の作業を軽減する役割を担っています。

つまり、営業アシスタントという仕事は、客先相手に直接交渉する営業活動の他の付帯業務ということになります。

具体的に何をするのかは、業種や担当部署によって違いがありますが、基本的には、営業アシスタントは、営業が働きやすいように様々なサポートをするのが役目です。

ですから、顧客の獲得や注文の取り付けなどは行いません。

けれども、細かい気配りができたほうが、良いサポートになるので、そういったことができる人が営業アシスタントに向いています。

もちろん、会話の能力や、調整力なども大事な場面があります。

実際、営業アシスタントは、顧客とのアポイントメントを取ったり、スケジュールの調整も行います。

また、営業担当者の代わりに電話口に出たり、見積書や請求書などの各種書類の作成も行うのが普通です。

営業アシスタントをたとえて言うなら、縁の下の力持ちということになります。

すべては、営業の仕事がしやすいように、環境を整えるということにつながります。

ですから、営業アシスタントは、営業にとって、一種の秘書に相当します。

実際、営業アシスタントには、女性が多く見られます。

細かな気配りや、柔らかな対応が、女性に期待されているようです。


雑学
Go to 雑学
雑学
Copyright (C) yasui-otoku.info, All Rights Reserved.