雑学

雑学

通関士の仕事
The Internet Encyclopedia for Use
雑学


通関士のお仕事をご存知でしょうか?

通関士は、通関業者と呼ばれる会社で働いています。

この種の会社の代表的なものには、運送会社や倉庫会社、貿易会社、商社、金融機関などがあります。

また、輸入品を扱っている百貨店やスーパーなども通関業者です。

したがって、通関士は、通関士専門の会社で働いているのではなく、通関業を兼業している会社で働いているのがほとんどです。

つまり、通関士は、非常に幅広い分野で活躍しているのです。

法律で、通関業務を営むには、少なくとも一人の通関士を置かなければならないことになっているので、通関士は必須の職業です。

例えば、物品を輸出入している業者には、通関士の業務が必要不可欠です。

なぜなら、通関書類の作成や、審査、および押印などを、通関士が担当しなければならないからです。

他にも、通関士としての仕事は多様で、通関手続きや、通関書類の作成だけではなく、関税計算書類の審査や不服申し立て、主張・陳述の代行などもやります。

もちろん、情報通信が発達した今では、専用の端末を使って、税関と書類のやり取りを行っています。

また、通関の時間が以前よりも短いため、通関士は迅速な対応を要求されています。

なぜなら、航空貨物が増加しており、貨物が滞らないようにしなければならないためです。

つまり、通関士の仕事は、国の物流を担当する重大な任務なのです。

通関士へ就職や転職をしたい方は、安易な気持ちでのぞんではいけません。

なぜなら、通関士の仕事が、私たちの毎日の生活に直接大きな影響を及ぼすからです。

そしてそれが、通関士がいなければ成立しない国際物流というものなのです。


雑学
Go to 雑学
雑学
Copyright (C) yasui-otoku.info, All Rights Reserved.