雑学

雑学

通関士になるための就職
The Internet Encyclopedia for Use
雑学


通関士という職業をご存知でしょうか?

通関士は当然、世の中にたくさんある仕事の中のひとつで、私たちの生活にとって必要なものです。

通関士になる方法、つまり、通関士の仕事に就くにはどうすれば良いかご存知でしょうか?

通関士について詳しく知っていれば、自ずと答えは出るでしょう。

通関士というのは、物品の輸出入に関わる国家資格を指します。

そして、通関士の任務は、日本が世界との間で取り引きする様々な国際物流を支える重要な仕事で、財務省が管轄しています。

毎日毎日、休むことなく、私たちの眠っている間にも、日本から世界へ、また逆に世界から日本へと、多くの物品が輸出入されています。

日本は島国なので、輸出入には、海から運ばれてくる海上貨物や、飛行機で運ばれてくる航空貨物があります。

これらの貨物について、

・誰が

・どこから

・何を

・どれくらい

輸出入するのかを、税関に報告して許可をもらう通関手続きを行うのが、通関士です。

また、通関士は、麻薬や拳銃などが日本国内に物流することを防止するために、輸出入申告が正しく行われているかどうかを審査します。

そういったチェックを済ました後で、消費税や関税などを徴収します。

したがって、重要な仕事である通関書類の審査や、書類への押印には、通関士の資格を持っている人でないといけないわけです。

また、通関士は、単に資格を持っているだけでなく、あらゆる物品の知識が必要とされます。

もちろん、通関士は、商品の的確な分別や、迅速な対応もできなければいけません。


雑学
Go to 雑学
雑学
Copyright (C) yasui-otoku.info, All Rights Reserved.